ナースとして、患者さんに温泉療養の秘訣を伝授せよ!

ナースにおすすめ!温泉療養の秘訣

大分の温泉とともに生きる〜看護師求人探しサポート情報


ここでは、大分の病院に勤務する看護師として、患者さんやお見舞客に気軽に教えられる温泉療養の秘訣について紹介しますので参考にしてください。

大分県の看護師として、温泉療養の秘訣を伝授しよう

温泉療養する女性のイメージ写真温泉には疲労回復だけでなく、免疫力を向上させたり、怪我の治癒、慢性的な病気の症状を軽減する効果があります。そのため、多くの人が温泉に訪れ、湯治またはストレス解消にやってきます。とはいえ、温泉ですべての病気が治るわけではありません。

病気によってはしっかり病院で治療しなければいけないでしょう。上記のような効果が期待できますから、治療が終わり退院したなら温泉で療養するのもいいでしょう。また、病院にかかるほどではない、という症状の人にも温泉で身体を休めるのはオススメです。

温泉療養はただ温泉につかればいい、何度も温泉に入浴すればより効果が高いというわけではありません。温泉の入り方など正しい知識をもって入浴しなければ、効果があまり出ないだけでなく、逆効果になってしまうこともあります。ですが、温泉療養の知識はあまり知られていませんし、「とにかく温泉に入りさえすればいい」という人もいます。

大分県は言わずと知れた温泉の県です。看護師の仕事をしていれば、他県からのお見舞客も訪れることでしょう。特に最新医療機器や高い技術を備えた大病院になればなるほど患者さんも県内外を問わずにやってきます。

そのため、お見舞いがてらや、退院後に温泉に入るという人もいるでしょう。大分県の看護師としては、お薦めの温泉を紹介するだけでなく、こういった病気にはここの泉質がいい、温泉に入る時にはこうしたほうがいい、など正しい温泉の知識をもってアドバイスしてあげるのも大切ではないでしょうか。

温泉療養のポイントを知っておこう

看護師として見舞客や患者さんに教えてあげたい温泉療養のポイントをまとめてみました。一般人が説明するよりも、私たち看護師が伝えたほうがより信用されますから、正しい知識をもって温泉の良さを伝えるとよいでしょう。

温泉マークのアイコン温泉療養のポイント温泉マークのアイコン
①泉質

泉質によって、効能が違ってきます。自分の病気やけが、温泉療養の目的にあった泉質の温泉を選びましょう。中には飲んでもOK、逆にNGというものもあります。

②正しい入浴の方法

温泉は正しい入り方があります。それにより温泉療養の効果が変わってくることも。

③禁忌事項

お酒を飲んだ後、温泉に入ってはいけないということはよく知られていますが、それ以外にもやってはいけないこともあります。

④環境

温泉地の環境も精神的な疲れを癒すには最適です。また料理や観光も温泉療養の一つと考えてください。